最近多くなってきた建築条件付き

土地を探している人にとって、建築条件付きの物件というのはどのように映るのでしょうか。
お得な物件なのか、または胡散臭く見えるのか……。
それは分かりません。

建築条件付き物件とは何なんか。
その土地を購入すると、指定されたハウスメーカー・工務店が家を建てる事を前提とした物件の事を言います。
それが条件であり、この条件が履行されなかった場合、契約は解除されてしまいます。
おそらく違約金を要求されてしまうかもしてません。

建築条件付きの土地を所有しているのはほとんどが施工会社です。
不動産会社と施工会社が双方がおいしい売り方とも言えます。
セット条件になりますので施工業者を変更する事はできませんが、間取りなどやデザインなどは決める事ができます。
しかし、ここにちょっとした罠があったりします。
フリープラン可能と言っていても、それは販売側が提案したコースの中から買主が選択するというケースがあります。
フリープランとは言いながらも、結局は施工側の都合の良い形になってしまうという可能性が出てきます。
建築条件付きの物件であったとしても、どこまで可能なのかを絶対に確かめるようにしてください。
契約した後で、また完成した後でどうこう言ってももう後の祭りになってしまいます。
茨木市北春日丘不動産

価格的に言えば建築条件付は安いですが、資材・設備・仕様に大きな制限があります。
キッチンなど別の物を取り入れる事も可能だとは思います。
が、その際別途に費用が掛かります。
それを繰り返していたら注文住宅と変わらない価格になってしまうことも。
それは言いすぎですが、本来予算として出していた資金よりも足が出てしまうのは間違いありません。

そういう物件は結構良い土地だったりします。
これがもし注文住宅で建てられたら、という土地に多いです。
これから発展の見込める地域に多い印象があって特に郊外などに条件付き物件を見かけます。
そこが買い手にとって優良な立地条件であれば、購入の検討に入れても良いかもしれません。
ただ住宅に関しての自由度はそれほど高くないので注意して下さい。

不動産広告で禁止されている単語

不動産屋の店頭や新着物件特集などは、不動産広告で禁止されている単語というものがあります。

例を挙げるのであれば。

1、完全・完璧・絶対

2、日本一・抜群・当社限定

3、格安、掘り出しもの

これら禁止されているのは不動産公正取引協議会が定めています。
抽象的な用語や他の物件との曖昧な比較は基本的に使用は禁止されています。

完全・完璧・絶対なんて何を基準に言っているのかあやふやですよね。
どこのと比べて、なにと比較してなのか。

日本一なんてそれを本当に調べたのであれば載せても良いと思います。
が、そんなのを証明する手段なんてありません。
抜群、という言葉も住んだ人次第になります。
不動産が思う抜群と住人の思う抜群って必ずしも一致しないはずです。

もっとも多いのが格安や掘り出し物件、などという宣伝でしょう。
格安というのはその土地の相場を調べておけばその言葉が本当かどうかを知る事ができます。
掘り出しは、基本的に不動産屋が売りたい物件をそう言っている場合があります。
どちらにしてもこちら側が調べる事のできない曖昧な言い方に過ぎないのです。
掘り出し物と聞くとお得な感じもしますが、果たしてどうでしょうか。

他に挙げるとするならば、完売間近、売れ行き抜群などいう言葉も引っかかります。

表示内容を裏付ける確固たる根拠が無い限り、そういう言葉を載せては駄目だという事です。
詳しく知りたい方は公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会、消費者向けHP「広告のルール」をご覧下さい。

その宣伝文句が本当かどうなのか、善意の広告か悪意の広告なのかは見ただけでは分かりません。
普通のスーパーなどでは比較的見かける宣伝文句ではありますが、不動産の場合その場だけでなくこれからも影響が出てきます。
実際にそこに住むわけですからね、その宣伝がどうなのか重要な部分になってきます。

この手の広告を見かけたら冗談半分程度に受け止めましょう。
とは言え、実際にその物件を見て満足できるのであれば良いかと思います。
どんな広告があったとしても、それがあなたにピッタリなのであれば良いことです。

とても重要な土地決め

その場所へ住宅を建てるには、建てるのに適した土地がある必要があります。
そこが空き地だからと言って好き勝手に建てられるわけではありません。
その場所によってはそれぞれ法律がありますし、建てるのは無理、という決まり事が存在します。

良い土地だから購入して、そこに理想の家を建てようかと思ったら法律上無理です、と言われる事もあります。

その点、建売、分譲であれば土地の確保はいりません。その土地の上に家が建つ、という事がすでに約束されているため注文住宅ほど手間は掛からないのです。

ただ、注文も分譲も敷地の地盤にはそれほど詳しくは調べないかと思います。
出来上がった状態であれば尚更です。

地盤を掘削してできた土地で脆い土地の上に家を建てる事になるかも。
また山付近、海付近、川付近など災害でのダメージをもろに受ける土地であるかもしれません。
土地選びの立地条件というのはさまざまなことを考えなければならないのです。

また災害だけでなく、周囲の環境、造成地域と言う理由で区画整理のため土地を削られるかも、隣に大きなマンションが建つ可能性もあります。
今の生活とこれからの環境、そして天候や災害による被害の想定、安全に暮らすためには土地決めは最も重要なことだったりします。
住みたい場所だからここが良い、というだけでは安全は確保できません。

もうすでに家を建てる前に安全というのはほぼ決まってしまうのです。
大雨で川が氾濫するのを想定して浮く家を建てることができたとしても、それは安全とは言えません。

そこへ永住するつもりで家を建てるかと思います。
さまざまな可能性を考えて土地を選んでおいても損は無いかと思います。
なので住みたい土地の調査はしっかりとするようにしましょう。
便利であることが住みやすい場所なのか、自然がある場所が住みやすい場所なのか、土地を選ぶには重要なことです。
天候による被害がどれほどか、また将来どのように発展していくのか、という見解も必要になってきます。

頭金2割の理由とは

住宅ローンの頭金は大体価格の2割程度だと言われています。
では、どうして2割なのでしょうか。

まず考えられるのは金融機関の出す条件です。
基本的に住宅ローンにおいての融資額は購入価格の8割となっています。
なので頭金がないと融資が受けられない、という事になりますし長期的に借りることが不可能になってしまいます。
また、頭金がないと借り換えが厳しいという理由も含まれます。

この頭金2割というのは最低限のラインであり、それ以上持っていても問題ありません。
結局は住宅ローンの返済期間をどれだけ短くしたいか、支払う住宅ローンの利息をどれだけ少なくするかになります。
借り入れ金を減らす事ができれば借り入れるローンの額も少なくて済みますし、その分の利息などを割くことができます。
そのため住宅ローンの利息を余計に支払わなくて済むため、手元に残る資金が多くなります。
逆に言えば住宅ローンの借入額が多ければ、その分の利息が多くなり、残る資金も減ってしまいます。
そのときは支払いは少なくなりますが、あとで帳尻がやってくるということです。

頭金0円の場合、つまりそれは全額を住宅ローンから借り入れるという事です。
その場合、返済に問題が出てきます。
本来であれば借入額を少なくして、利息を減らしローンの期限を短くするために頭金というものがあります。
それを無しにしての住宅購入、貸す側もかなりの度胸があります。
そうならないようにあらゆる金融機関は頭金を2割から設定しているのです。
全額借り入れても良いが、その返済能力がその人にあるのかどうか。確実に厳密な査定が入るでしょう。

物件価格すべてを用意する必要はありません。が、最低でも2割は貯蓄しておきましょう。
多い分には越した事はないので、不安に感じる人は貯めておいても損はないと思います。
どこでまた費用が発生するか分かりませんし、無いよりかはあった方が安心できます。頭金の確保は住宅購入で優先すべき問題です。

資産価値の高い土地の条件

資産価値の落ちない土地というのは値崩れしない土地と言えます。
一般的には住みやすい場所、というのが資産価値のある土地です。

では、具体的にはどういう土地が資産価値があるのでしょうか。

1 生活利便性

周囲に日常生活に必要な施設がある場所です。
商店街や商業施設、また金融機関や医療施設、学校などもその中に含まれるかと思います。
普段の生活に欠かせない施設が周囲にあるとその土地の価値はなかなか落ちません。
状況に合わせて柔軟に対応できる便利な街が暮らしやすさ、そして魅力へと繋がって行きます。

2 交通利便性

資産価値の中で最も大きな割合を占めているのが交通アクセスになります。
行き先によって複数路線が利用できると交通に非常に便利です。
また快速電車が止まる駅の近くだとその需要も高まります。
都心から少し外れた場所ではかなり重宝されます。基本的に都心へ乗り換えなし、短時間でアクセスできる場所です。
周囲の公共交通機関がどれだけ利用しやすいか、です。

3 居住安全性

災害が起こったとき、リスクの少ない場所というものがあります。
大雨が降ったときの川付近、大きな地震が起こったときの海沿い、大雨や降雪などの影響による山崩れなど、そういう被害が少ないところ、無いところは資産価値が高いと言えます。
また再開発などで区画や街路の整備などが進んでいれば、避難がしやすいところなどです。
しかし、そこで絶対に何も起こらないとは言い切れません。
購入前には十分な検討が必要になってきます。

これらは現在進行形で資産価値のある土地です。

ほかにもこれから発展が望める土地などでは価格が上がったりします。
再開発が進み、生活インフラが整備が進んでいるところ、集客力の強い施設が近辺にあるところなど、これから需要がありそうなところです。
この先数年後、十数年後どうなって行くのか、先見の明が必要です。
数年前まで田舎町だった場所に都心へ続く駅が開発され、今では見違えるようなベッドタウンになっていたります。

分譲住宅の善し悪し

分譲住宅のメリットは家と土地を同時に購入できる事だと思います。
どういうものかと言いますと、似たようなデザインの住宅が並んで建っている光景を見た事がある人も多いかと思います。
あれが分譲住宅の特徴になります。
綺麗なデザインの住宅も多いので人気があります。
また建築される場所は需要のあるところが多いので、交通の利便さ、商業・公共施設の場所などもある程度確保されていたりします。
人気の無いところに戸建ての住宅をいくつも建ても需要がありませんし、建てるなら住みやすいところ、というのが大前提でしょう。

ただ、この分譲住宅にも注意すべきところがあります。
分譲住宅のメリットは先ほども言ったように、土地と建物がセットになっているというところです。
予算を立てやすく、非常に分かりやすいというのが利点です。
またある程度完成された物件なので、余計なことを考える必要が無いという部分もあります。
注文住宅にもなると間取りや設備など自分で決めないとならないですが、分譲の場合ほとんど決まっています。
デメリットと言えば、その部分になるかと思います。
自分で自由に決められない、というところです。
間取りなどは大多数のニーズに応えたものになってはいますが、個々が欲しいというものに反映されていない事がほとんどになっています。
たとえば、趣味で多くの荷物がありその収容スペースが欲しいとなったとき、分譲では無い場合があります。
注文住宅であれば確保できますが、分譲となるとそうはいきません。
だったら分譲住宅を購入して改装する、という発想が出てくると思いますが、ローンがあるのにさらに上乗せしますか?
それだったら中古物件を購入してリフォームした方が堅実的です。

周辺環境、利便さなどは保障されてはいますが、入居者のこだわりを反映しにくい部分があります。
分譲住宅は選択肢のうちの一つとして考えておくと良いかもしれません。
重要なのは、購入する側が家や土地にどういうものを求めているのか、という部分です。

長期優良住宅制度って何?

最近になって長期優良住宅制度というのを良く目にします。
この長期優良住宅制度というのは平成21年6月から施行された新しい制度になります。

制度の内容は、より良い住宅を作ることで住宅の寿命を高めようというのを目的とされた制度です。

日本の住宅のイメージは凄く丈夫で長持ちする、と言われてはいますが、世界的に見ればすごく短命らしいです。
日本の戸建て住宅が解体されるまでの平均期間は約築30年らしく、アメリカでは55年、イギリスでは77年になるみたいです。
このように世界的に見ても日本の住宅状況は非常に短命なのです。
こんな事をしていてはダメだと、今更打ち出した制度がこの長期優良住宅制度になります。
地球環境保護という観点からしても、建てては壊していては環境にも反している、という事で長寿命住宅へ移行しています。

これを取り入れようかどうかは任意ですので、基準を満たす事が必須かと言うとそうではありません。
ただ、長期優良住宅と認められた住宅には、減税等の優遇が受けられると言います。
質の高い長期的に住める住宅を建築して、手入れを続けながら長く大切に使いましょう、という事です。

短命な住宅よりも長期に渡って使える住宅の方が良い、とは思います。
それが住人のためではなく、環境のためというのが微妙な感じがします。
近年のこの環境改善推しは何なのでしょうか。
正直なところ、日本という小さな島国が地球レベルの環境に一体どんな貢献ができるのか、と。
だったらやらなくても良い、というわけではなく、環境改善という曖昧な言葉で何かを誤魔化しているのでは? と思ってしまいます。
何でも環境改善という言葉に関連付けられ、いい加減胡散臭くなっているという……。

話が逸れましたが、環境保護とは別に住む場所が長持ちするのは良いことです。
ただ、この長期優良住宅制度には選定基準があり、7つ程の基準を満たす事が条件になります。
細かく選定されてはいますが、詳細を知りたい方は国土交通省のホームページを御覧頂ければと思います。

分かりやすく言えば、耐久性、耐震性などの住宅のタフさなどを見ることになります。

資金計画はちゃんと立てるべし

住宅を購入する場合、ほとんどローンを組む事になるかと思います。
頭金を用意して、住宅ローンを組むことができれば大丈夫、と思っている人もいるかもしれません。
大切なのは住宅を購入した後、その後の生活です。
購入した後の生活もしっかりとシミュレートしておきましょう。

新居に住むにもカーテンやカーペット、家具、家電、照明器具を新たに購入する必要が出てくる場合もあります。
引っ越し費用なども諸費用として中から賄うにしても限度があると思います。
また、部屋数が多ければ設置するエアコンを増やしたり、テレビなども追加で必要になる場合も出てきます。
頭金やローンだけでなく、他にも色々と費用がかさばってくるのがマイホームの宿命とも言います。

できるならそれらを加味した状態で資金計画を立てると良いかもしれません。
また忘れてはならないのが税金です。
住宅を購入するときも多くの税金が掛かり、なんでそんなに必要なの? と思うぐらい無慈悲に徴収されます。
また購入した後も続く税金があります。戸建ての場合、固定資産税、都市計画税などという税金です。
マンションの場合は管理費、修繕積立金、そして税金である固定資産税の支払いです。
高い買い物なためその税金の額というのも大きくなります。

頭金、購入額だけでなくローンの他にも色々と出費がかさみます。
マイホームを購入したらそこがゴールではありません。むしろその生活をどうやって守って行くかのスタートになります。
無理した資金繰りは結果的に苦しい生活を強いられる事になります。
せっかく家を買ったのに生活水準を下げざるを得ない状況になりそうなのは避けたいところです。
そうならないためにも資金計画は重要な最初の段階です。

充実したマイホームを見つけてください。

大体購入価格の3%から5%を見ておけば良いというのが定説になっています。
とは言っても、購入する家の広さにもよりますので一概には言えないと思いますが。
詳細はネットなどで調べてみてください。

新築物件の良いところ

当たり前な事になりますが、新築物件は中古物件に比べて築年数は短いです。
という事は耐用年数が中古よりも長いという事で、建物の資産価値はご購入時が最大値になります。
また建築技術や資材も日々進化しており、最新式な新築物件ではその恩恵を最大限に受ける事ができる、というメリットがあります。
たとえば、数年前までは高くて手が届かなかった設備が数年後当たり前なように設置される設備になり、値段も安くなっている、という事もあるはずです。
環境、耐震、耐熱などの住宅の基本性能も同じ事が言え、新築住宅の方が中古よりも優れているのは確かです。
それだけ高い物件価格ですから、それに見合ったものでないと手を出す人もいないでしょう。

また新築住宅の場合、購入した後に保証が付きます。
メンテナンスや修繕、などの定期点検です。その保証が10年から20年間保証といった制度もあります。
長期的に快適な住まいを維持して行くことも可能です。中古住宅には無い特権です。

金銭面ではどうしても中古の方が有利になります。
新築マンションの場合、購入後も管理費や修繕積立金などと言った支出が発生します。
これは所有している限り続きます。ローンにプラスしての発生になりますので重荷となる事も予想されます。
また車を保有している場合、止める場所にもコストが掛かります。戸建であればあらかじめそのスペースを確保する事も可能ですが、マンションだとそうも行きません。
ローン以外の諸経費などがかさむのは間違いありません。マンションの場合は管理費や修繕積立金が15年以上経過すると値上がりする事もあるようです。

長い目で見れば中古物件よりも新築物件の方が良いかもしれません。
いくらリフォームしようと築年数を若返らすのは無理です。柱や基礎から改装するわけではありませんので、厳しいでしょう。
リフォームを念頭においた新築物件の購入という風に考える人もいます。
その場所で永住を考えるのであれば新築になるかと思います。どうするかは家族構成の変化などを良く考えて決断すると良いお買い物ができるはずです。

住宅の売却を考えたとき

住宅を売り出したい、と思い至ったときまず利用するのは不動産会社だと思います。
戸建、マンションなどの売却をお考えなのであれば不動産会社の選定だけは間違えないようにしましょう。
その不動産会社さえ間違えなければ売却はもう半分ぐらい成功したようなものです。
それほど不動産会社を選定は重要なウェイトを占めています。決める際には、慎重に選んで下さい。

一言で不動産会社と言っても、取り扱う物件の規模、種類、得意分野までそれぞれ特徴があると思います。
この不動産は駅に近いところに強い、郊外あるいろいろな物件を取り扱っているなど、不動産会社によって違ってくると思います。
その規模から売却する不動産会社を見つけ出して下さい。

この場合で言えば、あなたが選ぶべきは「中古住宅売却」に強い不動産屋ではないでしょうか。

高い売値額で見積もってくれた、大手の不動産企業だから安心、というような感覚で決めてしまうと足元を見られた状態で契約が成立してしまいます。
これまでの販売実績などを調べてみましょう。
この条件で強い不動産はどこなのか、を知ってからでも売りに出すのは遅くありません。
確かに需要などもあると思います。
そんなところに人が住むとは思えない、と言われてしまったらそれまでです。
しかし、絶対にいないとは言い切る事はできません。その点をカバーしてくれるのが地元に昔からある不動産だったりします。
ネームバリューだけで決めてしまうと門前払いか、馬鹿みたいな金額で提案されると思います。
そこを地元の不動産だったらまた違ったご提案があるのでは? と思います。
逆に大手の方が物件を幅広く紹介しているので探している人の目に留まるということで受け入れてくれるかもしれません。
何にしても売る住宅の強みを知っておくと良いでしょう。
そこから売るべき相手を決めても遅くはありません。

住宅を売却したいのにいつまで経っても売れない、と後で後悔しないように、ちゃんとしたご判断を。

サブコンテンツ

このページの先頭へ